LA近況報告

いつもは渋滞の多いdowntownのフリーウェイが、、、、

世界的なコロナ蔓延でみなさんも計画や予定が変更され日常生活にも大きく支障が出てきていることでしょう。僕も本来なら今頃は日本で毎年恒例の春のセミナーや学校や企業などでの講演活動をしている頃でした。米国も罹患者が急激に増えて日本から“先生そっちは大丈夫ですかメール”をよく貰うのでご心配かけないように近況報告をしたいと思います。

ビーチも人はいない、、、

ここLAは3週間ほど街が止まった状態です。もともと車社会なので殆ど歩いてる人はいません。もちろん店から会社から学校からビーチから何から閉まっているのでLA名物の車の渋滞も全く見られません。住宅街でエクササイズとして走っている人を見かけるくらいです。マーケットには食料や雑貨は豊富で全く問題ないけど店に入れる人数とsocial distance(人と2mくらいの距離を取る)の為、列が出来ています。でも待っても10分前後くらいなのでそんなに苦ではありません。未だにマスクや消毒用品は入手困難ですが入店時には一人一人が警備員に体温測定をされ、マスクをしていないと入店不可で持ってない人は手製のマスクやバンダナなどを巻いて入店してます。レジもsocial distanceなので間隔をとって並びます。店の外には2m間隔で線が引かれていてそれに合わせて列が並び、動きます。興味深いことに誰ひとりとしてこれらに文句は言わずに素直に従ってます。日本なら普通のことだけどこの国で1ヶ月間もしっかり行われていることがいい意味で驚きです。特にLAはこの1ヶ月は緊急事態宣言や外出が出来ない超ストレス状態が続いていますがみんな家でおとなしくじっとしてます。夜間の街は本当にゴーストタウン化しています。僕のクリニックは大きなメディカルビルの一室ですが周りのクリニックは殆ど閉まっています。誰もいない感じです。僕もどうしてもという患者さんのみ、他の患者さんと互いに会わないようにして、1時間に一人、消毒や予防対策を徹底して診ています。

ソーシャルディスタンス(2mの距離を保って離れる)
ソーシャルディスタンス

日本の状況を見るとやはりドキドキします。このまま終息に向かってくれればいいけど、もっと危機感があったほうがいいかなとも思います。多分外国から日本を見ている人たちが共通して思う感覚かもしれません。もう一ヶ月も外出すら出来ない環境から日本を見ると仕事してたり、満員電車乗ったり、集まったり、飲みに行ったりしているのをみると複雑な気持ちです。

手形足形のハリウッドのチャイニーズ・シアターも入れないし人はいない

みんな早急な終息を願っていると思います。その為に出来ることを世界中で協力して行ってます。早く終わる為に家に閉じこもってますし、仕事も自粛してます。制限が多いLAはもっと辛い環境にいますがこれも永遠に続くわけではないし、今いっときの辛抱だと思うのでみんなが正常な生活に戻るという最優先事項のためにお互い頑張りましょう!

僕は元気です。ありがとうございます。

あ〜のみいきてぇ〜

公園にも入れないがそもそも外出が出来ない

1 件のコメント

  1. みき
    先生がご無事でよかったです! 本当に一日でも早く、収束して、1人でも多くの人が助かってほしいです…! 先生もお気をつけて! 日本にいる私たちも危機感をもっと強くもって、みんなで協力して乗り換えなくてはと思います…!

コメントお待ちしております!