新年早々

街から車で2時間ほど走るとスキー場

新年ももうすぐ2月となりここロサンゼルスも雨季真っ只中で今日は珍しく豪雨です。去年は春頃に最後の雨が降って以来その後の雨の記憶がないくらい毎日無駄に快晴ですがこうやって久しぶりの豪雨になると山は雪で通行止め、街はすぐに洪水となって相変わらず自然現象(雨、地震、山火事などなど)に弱い街です。サングラス持ってても傘持ってないロサンゼルスの人たち。でも街や大気が洗われるようで久しぶりの大雨は個人的には好きです。

久しぶりの大雨で道路はすぐに水浸し
LAのレストランは中には入れない

いま世界はコロナで大変ですがアメリカは不名誉なことに2600万人の感染者(死亡者は43万人)で世界トップ、その中でもカリフォルニアは多く330万人の感染者が出ています。40万人にも満たない日本からすると驚異の数ですね。一説によるとLAは7人に一人の感染率らしい。街は秋からずっとロックダウン状態。店は春からずっと閉まってるし、テナントがほとんどいないモールやビルも多く、レストランでの食事は夢のまた夢。

クリニック前の道路にもテントが立ち並ぶ

そんなロサンゼルスもようやく感染者が減少してきたので今日からレストランの外で臨時営業が許可された(写真下)。要するに屋内はダメ、でも外で間隔あけるのならOKということで道路脇の駐車スペースにテントを張って営業が始まるようです。今日は雨だけど、普段は暖かいし晴れているので来週くらいには外で食べてみたいなぁ。秋に日本に行ってましたがレストランは開いてるし、美味しいし、安いし、やっぱり日本は最高でした。

なんか味気ないけど......this is LA

今週からクリニックで通常通り治療していますがコロナの後遺症での脱毛症の患者が続いて来ました。まだ若い女性です。以前はコロナ後の胸の痛みや深呼吸が出来ないなどの呼吸器系疾患が多いような感じでしたが近頃はめまい、頭痛、また鬱、パニックアタックなどのメンタル系疾患なども後遺症で見られるようになりました。特に日本は感染すると罪みたいな意識もあって人(世間)に言えないとか差別があったりとか感染したら他の問題にも危惧しないといけない環境なので精神的にも感染はダメージが大きいみたいです。いまコロナ自体は感染率が上がっても弱毒化していると言われていますがこれからは予後や後遺症の治療も増えてくるかもしれません(日本は多分少ないですが)。

人生初の魔女の一撃!

今週からクリニックと書きましたがこの2週間ほどギックリ腰で死んでました。なにしろ起き上がることが出来なくて全く座れなくて、、、辛かったです。人生初めてのギックリ。はっきりした原因はわかりませんが朝メールチェックで20分ほどのデスクワークをしていたら腰が痛くなって立ち上がってベットに行ったら最後、起き上がれなくなった 泣。去年の春からジムも閉鎖され運動不足も原因だろうなぁ。なので今月中旬は異常気象で30度超えで気持ちよかったのにひとりベットで、汗かいてました。

極めつけは昨日新しく購入したIpadのセットアップをしていたら誤作動からIphoneのLINE情報が全部すっ飛んでしまった。どんどん消えていくLINEのトークをみてパニクってか消えていくデータをまたバックアップしてしまったようで、、、余計なことして前の情報を全て消してしまった。10年以上の会話や繋がりが全てなくなり、しばらく呆然としてました。以前私とLINEで繋がっていた人、よろしければご連絡お待ちしております。もう同じ失敗はしませんのでまた繋がって下さい 笑。

てな感じで新年早々やらかしてる私ですがよろしくお願いします。

今年こそはみんなに会いたいなぁ。

まだコメントがありません

コメントお待ちしております!