みんなあともうちょっとだよ!

 

11月11日(土)&12日(日)北海道(札幌)2日間セミナー

11月18日(土)&19日(日)関東(横浜)2日間セミナー

 

/研修プログラム/seminar/

残席僅かです。お早めに!

 

 

 

今年最後の鍼灸実技セミナーです。次は来年の春です。Acu-Zoneセミナーも受講生がだいぶ増えてこれ一本で治療しているという鍼灸師の先生もだんだん増えてきました。やはり一番の理由は決して複雑でない理論とたった25穴しか使わないのでやりやすく、どんな疾患にも対応出来るということ。でもその25穴の使い方、それを使うための基本の触診などいっぱい数重ねて経験値を上げて初めて上達するということも忘れないでください。

 

 

以前も言ったけどたった数回セミナー受けて自分の将来を担う技術を全部手に入れることはかなり困難だと思う。やっぱり何回か受けながら臨床で失敗したりして悩んだり、落ち込んだりして突破口を見い出し見つかる何かもあるし、セミナーで何回か今まで言われていたことも基本を理解した上でその域に達して初めてわかる事もあると思う。自分も今まで受けたセミナーを考えるとそういった事が多かった。例えば発音できない英単語は聞き取れないと言われるのと同じかなぁ。言ってることは理解出来ていても実際の臨床で使えなければ同じこと。よく触診が大事とか、取穴が大事とかずっと言っていますがなぜそう言っているのかその本質がわからないと上達は難しいと思う。なぜ大事なのか、どうしてそこをしっかり触診して緩ませなければいけないのかを理解して初めて臨床に役立てるのであって、中野先生がよくおっしゃっている“わかっててやるのと、わかってないでやるのとは大きな違い”と同じことですね。面白いことに上達している人はセミナーに何回も来ますが、そうでない人は来なくなりますね。どこかで何かの壁にぶつかり立ち往生している間に来なくなると思うんですよ。よくわかります。その壁を今回2日間集中セミナーにてみんなで越えようと思います。例えばこれがあなたの受講2,3回目であれば今回の2日間は今までとは全く違うセミナーになると思います。米国では2日間、もしくは3日間のセミナーが主流ですし、1日では時間の制限から全てを教えるのは困難なのでこの2日間セミナーは実に楽しみです。特に北海道も関東も前回受講した人のために興味深い応用編を2日目に考えています。

 

 

北海道は前回春に2日間セミナーの基本を指導したばかりなので今回は上肢(肩、肘、手首、指)や下肢(臀部、鼠径部、膝、足首、足裏)の疾患に焦点を当てて、症状に対して触診や選穴、そして取穴とその確認、取りきれてない場合の処置(タッチアップ)などを細かく丁寧にお教えします。もちろん懇親会では初冬の北海道の味覚を楽しみながら又オフレコのお話に盛り上がりましょう(北海道に飛んで来られる受講生もかなりいるので是非遠方からもお越しください)

 

関東セミナーでは初めての2日間セミナーになりますがここでは何回もセミナーを開催しているので基本からしっかり教えますが2日目の応用編で四肢の疾患から、メンタル治療にまで幅を広げてしっかり触診して取りきらなければいけない箇所を重点的に教えようと思っています。デモンストレーションでも次の選穴を考えながら(シュミレーションしながら)自分の考えと違っていたらどんどんそれを質問して下さい。もちろん久しぶりの懇親会も楽しみにしています。飲みながら緩い感じで色んなお話しましょう! 笑。

 

みんなあともうちょっとだよ!俺だってある程度やれるようになるまでちょっと時間かかったし。世の中、技を得ようとしたらそれなりの時間も投資も必要になってくるらしい。色んな所に投資するもよし、一つに集中投資してそれをものにするもよし。でもバットも振らなきゃ当たんないし、動かなきゃ何も変わらない。変わるのはどんどん時が経っていくだけ。この職業、免許さえあれば食ってはいけるって誰の嘘だろぅ。それは今までの時代のことでこれからAIに取って代わられる世の中に通用するのは効果の出せる技とそこで培った自信のみ。鍼灸師で言うと、要するに安い早いAI治療に勝てるのは(高くても需要があるのは)人の手でしっかり癒し効力のある治療が出来る鍼灸師のみです。11月に会える方、お楽しみにね!

 

2 件のコメント

  1. Takahiro
    Take先生 春のセミナーではお世話になりました。 北海道で待っております! 今回もよろしくお願いします
    • 今回の北海道と関東セミナーは今までとは違った内容で教えます。 楽しみにしてて下さい。 実は私もスッゴイ楽しみです!

コメントお待ちしております!