初心

むか〜しむかし、18ちゃいの俺が高校卒業して鍼灸の専門学校(湯河原衛生学園=後の神奈川衛生学園)に入学した頃、それは1984年、ロサンゼルスオリンピックの年でした。茅ヶ崎ライフセーバーの警備長をして潮焼けで茶髪だった俺は学校に一番馴染めそうもない感じで先生方からの信頼も薄く、その海のバイトで貯めたお金も親に内緒で追試に使ったこともあった成績もあまり良くない生徒でした。ただ鍼灸あん摩マッサージ指圧の技術には大変惹かれていてそこは一所懸命やっていたので学校の実技の成績はよかったです。特にマッサージは地元江ノ島の旅館をバイクで走り回ってやっていたのでかなりの経験を踏ませてもらいました。一日のマッサージの人数も混んでいて増えると最初の頃は指が腫れ上がったりもしたけどそんなこんなで俺の小さな指も徐々に肥えていったのかも知れません。

江ノ島海岸にて

今の鍼灸学生が美容鍼などエステと組み合わせて新しい分野を確立したように、俺はまだ未開に近かったアスリートを支えるスポーツ障害に対する鍼灸治療をずっと模索してました。そのロサンゼルスオリンピックの年はペップトークで著名であり、日本初の現場のアスレティックトレーナーであられる岩崎由純先生がナイキのトレーナーとして活躍されていました。そして岩崎師匠の大学の先輩であられる白石先生が米国でアスリートに鍼灸治療を施し脚光を浴びた記事を雑誌で読んだ年でした。その時のショックは大きかったのを今でも覚えてます。第一印象は先を越された、やられた〜みたいな感情だったと思うけど。もちろん俺なんか鍼灸学校一年生で技術も免許もなくただ夢だけもっていて先越されたもなにもないんだけど、それが正直な意見で当時世界で活躍されている方に絶大なリスペクトと羨望をもって学生生活を送っていました。いつかは俺もそんなアスリートを支えてみたいとずっと夢見てた頃です。

そんな俺も無事晴れて鍼灸師となり、1998年の春にNEC女子バレー部でトレーナーをしていた岩崎師匠の弟子としてトレーナー業を学びながら鍼灸治療を選手にしていました。当時のNECバレー部は日本リーグ(今のVリーグ)優勝チームであり全日本で活躍している選手も多くいました。今の全日本女子バレーの監督が当時の全日本のセッターでした。そんな時代です。初めて有名な選手の治療をさせて頂いて心なし興奮したのを今でも忘れません。

米国ナショナルチームドクターと

その年の秋のソウルオリンピックでは岩崎師匠のご紹介で米国オリンピック陸上チームのトレーナー兼鍼灸師としてちょっと大げさですが夢見てた世界デビューをさせて頂きました。もちろんチームにはユニフォームを頂いたカール・ルイス、ジョイナー、岩崎師匠の親友であられる三段跳び世界記録保持者であったウィリー・バンクスさんら世界的に有名なアスリートがそこらじゅうにいる感じで毎日がワクワクしてた素晴らしい思い出の頃です。そんなアスリートに鍼灸治療をさせて頂き、テープを巻き、お世辞にも良くなったみたいなことを言って頂き、ちびりそうになりながらもこっちが逆にお礼を言ってました。英語なんかさっぱりわからんかったけどめっちゃ嬉しくて、テレビでしか見たこともないすっげー選手から声をかけられるなんてやっぱ22歳の駆け出しにはとんでもないくらいの勲章でした。

英語が話せなかったので身振り手振りで問診してるところ

選手村の俺のトレーニングルーム(俺は鍼灸治療もマッサージもテーピングも色々してたので一部屋もらってた)で治療してるとイギリス、ドイツ、オランダ、その他の国の選手も来てくれるようになりました。何しろ彼らと語学が全く通じなかったので身振りしながら顔の表情を変えて笑われながらも仲良くして頂きました。みんながお前の治療を世界でやれば面白いんじゃないかって言ってくれてまだそんなことしてる日本の鍼灸師はいなくて若いおっちょこちょいの俺は直ぐに行く決心をしました。どこに行くって世界でスポーツ先進国は米国、東ドイツ、そしてソ連(当時のお話ね)。その中で米国を選んだんだけど、もしベルリンかモスクワを選択してたら俺はどうなってたんだろう?

円盤投げの選手と

運良くというかその頃通っていたもうひとつの母校である東京衛生学園(スポーツ・トレーナー科)の姉妹校がカリフォルニア州立大学ロングビーチ校でこの大学が米国に於けるアスレティックトレーニングのリーディング校だったのは今でも不思議なご縁です。そして東京衛生学園からロングビーチに研修に行かせて頂き、トレーニングルームでヘッドトレーナーとお話させて頂き(英語がさっぱりわからんかったけど)必ずここに生徒として戻ってきますと言ってお別れしました。
そして翌年1989年8月20日に大きなカバンと小さな夢をもって単身渡米したわけです。

走り高跳びの選手へのマッサージ

今思うと不思議な巡り合わせやご縁に囲まれた人生でした(まだ終わってないけど 笑)。いろんな出会いのお陰もあって日本人鍼灸師として初めてATCとなり、アトランタオリンピックの1996年に米国ナショナルチームのトレーナーとしてまた世界の舞台に戻ってきました。


コロナ禍でここ2ヶ月ロックダウン状態と外出禁止令の中、ロサンゼルスのクリニックも閉めてずっと家に籠もって、ふっと自分の軌跡と現状を考えます。今まで夢や目標だけを支えに生きてきた自分も全ての夢が一段落して今後の動きを考えてる中、たまに思い出すのはこの30年間のことです。こうやって読むとトントン拍子に来たように思われるけど実は色々障害を乗り越えてようやくたどり着いた今だったような気がします。歳も重ねるとだんだん弱気でネガティブな気持ちも出てきて特にこのコロナで色々吹っ飛んだこともあって俺だってたまに落ち込んでます。多分日本のみんなも多かれ少なかれ被害を受けてると思うけど。自分ではどうしようもない不可抗力のようなこともいっぱいありました。今回のことも百年に一度とか言われるけどこんなことが人生で数回ありました。でもいつもなんとかなってた。もうアカンと思っても夢だけは捨てずにガムシャラだったから乗り越えられたような気がします。

尊敬する元NSCA会長のDr. Chuと 

今出来ること、今だから出来ることを考えてNo Attack No Chanceの気持ちでまた前に一歩進めたらいいな。特に若いみんなはこれからだしね。どれだけ踏ん張れるか、そしてその後どれだけ跳ね上がれるか。辛い今が本当の勝負時かも知れないよね。自分だけじゃないから、世界中のみんなが辛抱してるから。
自分に嘘をついてないやつは大丈夫。本気で自分を信じてるやつは大丈夫。
18歳のガキの頃に雑誌で読んだ記事に足を震わせていた俺も初心を忘れないでいたからなんとか乗り越えてきた人生だったと思う。時代は変わっても変わんないもんもあると思う。

頑張れみんな!
早くみんなに素敵な風がいっぱい吹きますように!

気運が来るまでの間、気長く待ち、あらゆる下準備を整えてゆくものが智者である。その気運が来るや、それを掴んでひと息に駆け上がる者を英雄という
                             司馬遼太郎

7 件のコメント

  1. 田中良和
    小松先生 はじめまして。 わたしは金沢市で鍼灸院をやっております鍼灸マッサージ師です。 先生の短かくまとめられていますが奥の深い、アグレッシブな人生に感服しております。 私、人生半ばを過ぎましたが、まだまだアスリートの施術、トレーナーとして勉強している身でございます。 先生の講習を受講したいと思いながら、なかなかご縁に恵まれないでいます。 先生の情熱と行動は素晴らしいものがあります!すごく刺激になりました!! まだまだ若い鍼灸マッサージ師に負けないくらい頑張りますぞ(笑)。 素晴らしい文章、ありがとうございます!!
    • コメントありがとうございます。 日本も米国も世界も大変な時ですよね。 特に若い世代は走り出した途端にこの世界情勢で面食らってると思います。 文章でなにかを伝えられたらと思ってブログにした次第です。 田中先生は自分と同じ年代でしょうか? 是非お会いできること楽しみにしてます。
      • 田中良和
        先生が高校を卒業した時に、私は高校に入学という感じですので、同年代だと思いますね。笑 センセ、このブログに来て、この文章に何も感じないとしたら鍼灸、とくにスポーツ分野を目指さない方がいいとさえ思うくらいです。時間が戻せるなら私も挑戦したいと思うくらいです!いろんな立場がひっついている現状は難しいですが、その中でもやれることはたくさんあると感じております。若い世代が困った時、迷った時、面喰った時、どんな形であれどんな方向に進むにしても、背中をそっと押してやれることができる先輩になりたいと思ってます。そういう意味では先生は本物です!! お会いしたいですね!!是非とも!!
  2. Taku
    いまの若い子は岩崎先生のバリバリのアスレティックトレーナーのイメージも知らなかったり、白石先生という存在も知らないかもしれませんね。 懐かしい気持ちにいっぱいなりました。 僕もお二人方の伝説や逸話を聞きながら、トレーナーってなんだろう? それを模索している若い時代ありました。 そして、 なにより。 『 自分に嘘をつかない。』 だから、こうしてある程度の立場で生きてるんだなと気付かされました。 自分の行動原理はそれだけ、 失うものも多かったけど。 そのシンプルな理念と行動だけが答え。 人には理解されないことが多くなるのも肌で感じます。 そして、恐がられるのもわかる。 理由は簡単。 僕は嘘をつかない。 から
    • 世代とか年齢とかあっても必ず普遍的なものがあってどの時代でもそれは同じというところに気がついてきている。 要するに真理は時代が変わっても真理なのかも知れないということ。 特にAcu-zoonを学んでてズルをするとそこから先には進めなくなるということから自分に嘘をつかないことも特記した。 誤魔化したくなることがあるのも人生。 嘘をつかないのも人生。 若いときは要領で誤魔化したときもあったけど、何も偽りのないということはそれに悩むこともないということかも知れない。 不安がいっぱいのこの世の中で精一杯やって嘘偽りのない人生と言い切れるものが少し見えてきた感じがする。 まぁ、あとは行動のみだけどね。
  3. Eri
    Take先生 先生のチャレンジ精神と行動力すごいです! 自分に嘘をつかない、本気で自分を信じるって心に響きました!! ありがとうございます^_^
    • 自分に嘘をつかないってこれ一番難しいです。 たまにずるして後で落ち込むこともあります。 気持ちから変えていって、考え方も変えて、それに行動を伴わせるなんて、、、本当に大変。 でもそうしなければどうなるかわかっているだけに、、、だからもうなんにも余計なこと考えないでただ行動に集中して、、、頑張ろうと思ってます。

コメントお待ちしております!