鍼灸治療、鍼灸クリニックとは?

鍼灸治療とは

鍼灸とは2千年以上の歴史を持つ経験医学であり、東洋医学のひとつでもあります。脈診、腹診などの診断法から身体の状態を診て、把握し、その滞ったり、崩れてしまった身体のバランスを鍼や灸を使った施術で刺激を加えて整え、機能回復を図る治療法です。

身体にはツボ(経穴)が存在し、そのツボを結んだものを経絡といい全身には主なもので14の経絡が通っています。それら経絡のツボを使って鍼や灸で刺激を与え、自然治癒力や免疫力を向上させ、身体を治癒に向かわせるのが鍼灸です。

その治療は人の身体に約400近くあると言われるツボを使い、脈診や腹診(脈やお腹の状態を触診して)選んだツボに鍼や灸で刺激を与え、自然治癒力や免疫力を高めます。

当クリニックでは通常3〜5穴を選び、世界一細い(髪の毛とほぼ同じ細さの)日本から直輸入の世界最高級使い捨てセイリン鍼を使い治療します。患者さんは殆ど何も感じないまま、治療前の痛みやその訴えが消えていくのを体感します。これを無痛鍼灸治療といいます。


鍼灸クリニックとは

鍼灸の施術を、国家資格を持った鍼灸師が医療用の鍼や灸を使って行う医療施設のことを、鍼灸クリニック(日本では鍼灸院)と言います。

カリフォルニアの鍼灸は世界的に見てもそのレベルが高く大学院で約4年学び(日本は専門学校で3年)、免許を取ります。日本や諸外国、他州の鍼灸師はカリフォルニア州独自の免許がないとここでは施術出来ません。

アメリカでもカリフォルニア州鍼灸免許は鍼灸学だけでなく漢方薬学などもあり、免許取得が最も難しい州であり、治療レベルも世界的に高いと言われています。

当鍼灸クリニックでは特に恒常性(ホメオステーシス)を高める治療法を主に行っております。

これは人間本来が持っている自然治癒力を最大限に促進させ、薬や手術でなく、各自が持つ免疫力を増進して治していく治療法です。自身の自然治癒力を高めるので体質改善にも繋がり、依存性や副作用が最も少ない治療と言えます。

現代では東洋医学は化学物質(薬品や手術等)が体に(又その考え方が)合わなかったり、メンタルヘルス(精神的疾患)に対して、そしてその独特な診断法や体に優しいアプローチから現代人の身体にあう治療法として多くの人に支持されています。