鍼治療って痛いの?

鍼って痛い?

針というと想像するのは注射針や縫い針と思いますがもちろん刺さったら痛そうですね。でも治療で使う鍼は髪の毛と同じぐらい(世界最細)の細さで刺入しても殆ど感じません。人間の皮膚には温点、冷点、そして痛点などがありそこに刺激を受けた際には多少感じますが基本的に鍼治療で痛みはありません。

また世間で言う“鍼の響き”というのがあり刺した奥深くで感じる重鈍い感覚がありますが一般的にアスリートは痛みも響きも得意でないので当クリニックでは深く刺さず刺激の優しい完全無痛治療をしています。

image_01_1

鍼治療で使う鍼は注射針に使われる針の5分の1ほどの太さで素材はステンレス製が多くなっています。

昔は金や銀の鍼が多かったのですが現代では衛生上一回だけの使い捨て(ステンレス製ディスポ−鍼)がポピュラーになり他の患者さんとの使い回しや感染防止のため当クリニックでは一回使い切りの日本製セイリンディスポ−鍼を使用しています。

鍼

治療の際にはその鍼を鍼管というプラスティック製の鍼を通す管に入れてツボ(皮膚)にあてて瞬時に刺入することによって痛みも最小限となります。

このテクニックは練達すれば鍼の太さやうつ場所にかかわらず痛みを最小限に治療することが出来ます。また鍼の先端は細胞を破壊しないように丸みを帯びており、これも注射針とは違う鍼の特徴です。

鍼治療と聞くと先ず痛いだろうと想像されるかも知れませんが現代の鍼は科学と医学の進歩の末、その為に新たに作られたものです。

是非、日本技術力の粋と即効性無痛鍼灸治療をお試し下さい。