相変わらず努力なんて大嫌い

30年前、学校の研修生としてロングビーチ大学へ来て留学したいと思った頃の俺
30年経って同じ場所で。今はおっさんで研修を教える立場になってしまったけど 笑

21歳で鍼灸の免許取ってから、都内の大きな某医学研究所に就職するものの8ヶ月でいきなりクビになった。新人いじめが得意な所長がいて今思うと俺もかなり虐められたがそんなことは気にしないで働いていた。他に10人ほどの同僚がいたけど俺だけ免許を持っていて他の先生はまだ鍼灸や柔整の学校に通っている学生だった。俺は相変わらず学科は弱いけど実技だけはみんなに負けないと励んでいたので働き始めて1ヶ月でなんとか患者さんがついた。普通新人はみんなの食事を作ったり、銀行に走ったり、掃除、洗濯、そして所長のパンツも洗ったりと最初は殆ど治療をさせてもらえないが俺はなんとか免許を持っていたからか就職して2週間ほどで患者さんに触らせてもらった。たまにビルの屋上で洗濯したタオルを干しながら、ふっと空を見上げて俺、何してんだろうと雑用ばっかりで折れそうな時もあったけどそれが新人の仕事だったので敢えて考えないようにしてやっていた。でもメインの仕事は治療だと思っていたのでそこは頑張って成果出したらもっと虐められて、気にしないでいたら最後はクビ宣告だった。その仕事場の帰り、電車で悔しくて泣いた。アメリカに留学したいと語ったことも、ライフセーバーのバイトで真っ黒に日焼けして通勤していたのもあまり良く思われなかった理由かも知れない。今まで多くの人が所長からクビになったらしいがしょうがない。これも運命。でも今でもそこでずっと働いていたらと考えると、、、

それから8ヶ月間のニート生活を経て、後藤学園の前理事長にご紹介頂いた岩崎師匠に付いてスポーツチームで学ばせて頂き、ソウルオリンピックの米国ナショナルチームでも働かせて頂き、その後アメリカに留学して、ロングビーチ州立大学を卒業して、ATCになって、USAオリンピックチームやクリニックがスポンサーとなってビザを取って米国で働き始める。

よしっ、俺の人生これからだと思ったある日突然、移民局から連絡があり、ビザが切れるので90日以内に国外退去しなさいと。俺のビザを担当していた弁護士とは連絡がつかず、泣く泣くロングビーチのアパートをはらって、仕事も辞めて、全て片付けて、日本へ帰った。当時、ちょうど大学を卒業してカリフォルニア州鍼灸免許取得の為に大学院に通っていたがそこも辞めて帰国。夢も希望も全て砕け散った感。日本に戻ってもどこにも就職できなかった。ただその翌年にあったカリフォルニア州鍼灸国家試験だけは最後のけじめとして受けたくて実家で毎日悶々と勉強していた。地元にいるとついつい友達と遊んでしまうのは目に見えていたので長崎の祖父母の家に行き、部屋にこもってそれこそ毎日ずっと勉強していた。

そして翌年、渡米して国家試験半年前の大学院での検定試験を受けるが見事に落ちて大学院の教授方からは国家試験は受けないでほしい(多分合格率に影響するから?)と言われたが、まだ半年あると思ってまた黙々と勉強開始した。この時は普通の観光ビザで渡米して友達の家に居候して、3ヶ月で帰国してまた渡米して最後の大学院の授業を終えたところだった。そんな中、新しい弁護士がビザを再申請して労働ビザを取ってくれた。居候していた家で、ひとり歓喜の舞を踊ったのを覚えている(笑)

その時から“どんなことにも動じない”を信念に(しょっちゅう動じているが 笑)それこそ背水の陣、本気で試験勉強した。1日8時間から休みの時は15時間やった。家だと怠けるので周りでみんながみんな勉強している大学の図書館で夜12時の閉館までやった。朝5時に起きて仕事に行って昼3時に仕事上がって直ぐに図書館への毎日だった。人生で初めて本気出した。

先日、夜ホテルで研修生ともしタイムマシーンがあったらいつに戻るって話になってみんな小学生とか成人式とか言って、たけ先生は?となって俺も考えたけど、もう二度とあの苦しい時間は繰り返したくないと思った。今思うといい思い出だけど、タイムマシーンがあったら、、、お袋に会って感謝のハグをしたいかな。

そんなこんなでみんな苦しい時も辛い時もある。たまたま俺はみんなのおかげもあってなんとかここまで来たけど、実にならなかった経験も少なくない。みんながみんな、全部が全部、結果につながるわけでもないけど、一生懸命勉強してバカになった奴はいない。頑張って練習して下手になる奴はいない。実にならなくても頑張った経験がいつかどこかで不思議に繋がることもある。今地道に頑張っている人、誰も見てないし誰も知らない、知っているのは自分だけ。努力は人が見てないところでするもので、努力を積み重ねると人に見えるほどの結果が出ると言ったのはミスタージャイアンツ長島さんだったけど、この春にLAで日本からの多くの研修生と会って、夜のホテルでもみんな真剣に頑張っている姿を見て感動した。テーピングを練習しているトレーナー、Acu-Zone治療の効果をあげようと日夜努力している人たち、今日の自分を超える為に、他のどこかでも夢を抱きながら地道に努力している仲間がいることを忘れないでほしい。

“俺が言ってやる。でっかい声で言ってやる。

ガンバれって言ってやる。聞こえるかい ガンバレ!”

甲本ヒロト

今晩日本へ飛びます。ちょうど桜が満開かな🌸
美味いもん食べたーい。友達ともいっぱい会いたーい。
偉そうなこと言っても俺は遊ぶのだーい好き!
でも仕事もしっかりやらせて頂きます!

俺は相変わらず努力なんて大嫌いだ。

https://komatsutakeshi.at.webry.info/201311/article_2.html

満席間近です。お申込みはお早めに!

まだコメントがありません

コメントお待ちしております!

上記チェックを入れずに送信ボタンを押すと、下書きは消えますのでご注意ください。 また、セキュリティの関係上、頂いたコメントは管理者の承認後に反映されます。